ふじやん






セニョールに勧められ潜りを始め、以来やみつきになる。
行動を共にすることが多く、国内外でのスピアフィッシングの大会に幾度も出場している。
中でもオーストラリアで開かれた大会では、早い潮に流され漂流したことが地元の新聞を賑わしたと言う武勇伝を持っている(笑)
 
                 教訓  
 海外でボートをチャーターしてドリフトで魚突きをする場合、船頭がこちらを全く見ていないことも有るので油断してはいけない!!   ・・・・・ (苦笑)

銃作りもセニョールにマンツーマンの指導を受け、
自作した四本の銃はまさに体の一部のようで、長時間のダイブでも全くストレスを感じない。